間取り確定に向けて!

間取り確定に向けて!

どうも、どるです。

今まさに、間取りの確定を迫られているのです!
間取り確定が6/15(土)
それ以降に変更を行うとお金が掛かってきてしまうというね。。。

では、どんな間取りにしたらいいの?
ってところを自論ごり押しで紹介していきます!

どる家のオーダー

まずは、どる家の注文内容を紹介

・広いリビングが欲しい
・和室(仏間)が欲しい
・小さな子供部屋が2部屋欲しい
・子供部屋はくっつけておいて後にリフォームで分割
・将来的に両親の部屋が欲しい
・土間収納が欲しい
・お風呂を大きくしたい
・小屋浦収納を付けたい

と、まぁこんな感じの要件を設計士さんにつたえて
カキカキしてもらいました。

当初の案はこんな感じ
\はい、ドンっ/

うひゃー!これが我が家!!!何度見ても良い。こう図にしてもらうとやっぱりテンション上がります!!
そして実感が少しずつ湧いてくるものです。

ま、すでに間取りはこれからガラッと変わっていますが^^;)

生活動線

よく聞きますよねー
やっぱり生活動線は重要ですね。

一般的に気にする部分としては、キッチンの位置と脱衣所と外へのルート。
朝、昼、晩の火事が忙しい時間をイメージしてみるのがミソ。

どるは主婦ではないので、生活動線の心髄は心得ていないのですがorz

どる家の当初の図面では、こんな感じですね。
キッチンで料理をした後にLDKから直接脱衣所にはいり洗濯を開始。
洗濯が終わったらLDKを経由、もしくは玄関を経由して外へ
と、いった感じです。

この図面では、子供が泥だらけで帰ってきたら
廊下からも直接脱衣所に行けるというなかなか使いやすい動線。
#今のまどりはこれはやめちゃいましたが(苦笑)

収納について

注文住宅で家を建てるメリットとして
収納を予め家の機能として付けることができること。

要するにタンスやクローゼットを後から買わなくて良いということ。

見た目もスッキリする他、後からの出費を抑えることができます

どる家はLDKの収納がキッチンカウンター部分しかありませんが、
LDKに小屋裏収納をつけて、大きなものはそこに置くようにしました。

また、子供が小さいころからお片付けをする習慣をつけるため、
子供部屋には予めクローゼットを配置したところもポイントです!

あとは、玄関ですかね
憧れだった土間収納!!

ほんとね、これで玄関スッキリー♪
そして、大きな荷物もここに置けてしまうのです!
ゴルフバッグだったりトランクだったりスノボの板だったり。
これだけでもかなり便利です!!(まだ家ないんですけどね)

窓が多いと色々大変

上の図かもわかる通りどる家は比較的窓が多いです。
明るくなっていいのですが、いくつか注意が必要です。

・スイッチやエアコン、コンセント設計が大変
・建物の値段が高くなる
・カーテンの費用も比例して高くなる
・耐震性が若干落ちる(どる家くらいならまだまだ大丈夫(?))

逆に少ないと湿気がこもってしまったり、暗い家になってしまうのでバランスが大事!

間取り確定にあたり

間取りを確定させるためには上記のことを確定させなければなりません。
特に窓の位置や玄関の位置なども間取り・設計に大きくかかわってくるため、このタイミングでFIXさせる形になります。

間取り確定前に確認するべきポイントは

・生活動線
・将来を見据えた収納や壁
・窓の位置
・備え付けの家具
・玄関の仕様(引き戸、開き戸etc)
・軒の長さ

どるが現在確認しているのはこんなところでしょうか。
他にも確認ポイントがあれば教えてくださーーーーい!!

住友林業の家 建築ブログ紹介


住友林業で家を建てている・建てた方のブログがまとまっているので紹介します。
どるんちブログも⇓のサイトに登録してありますので、よかったらクリックしていただけると幸いです♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村