ウッドデッキ?いやいや濡れ縁という選択肢。

ウッドデッキ?いやいや濡れ縁という選択肢。

どうも、どるです。
最近どこの家を見ても大きなバルコニーがありますよねぇ
休日にはテラスでBBQや洗濯ができていいなー
と、一般的にはそう思う方のほうが多いのではないでしょうか。

でもお高いんでしょ?

ってところですよね。

テラス・ベランダ・バルコニーの違い

どるはこの違いが判りませんでした(笑)
調べてみると以下のような違いがあるようですね。

テラス:1階部の掃出し窓などから続く屋根のない飛び出た部分
ベランダ:2階以上で屋根の付いた張り出し部分
バルコニー:ベランダの屋根が無いもの

たまに平屋で「バルコニーを付ける」などと聞きますが、
正確にはあれは「テラス」になります。

それぞれどんなものなのか見ていきましょう。

テラス

1階部分の外に飛び出ている部分。
どんな使い方が考えられるかというと

・洗濯物を干す
・夕涼み
・家庭用プール
・BBQ
・机を置いて晩酌

などなど人によってはこれだけではありませんが、多くのシーンで使えます。

最大のメリットはやはり洗濯物を干せるところですかね?
もちろんベランダやバルコニーでもできますが、
洗濯場が1階にある家が多いのではないでしょうか。

また、外から家の中にスムーズに入れる点もメリットです。
大きな荷物を部屋に入れたり、汚れたものを玄関に入れずに部屋に入れることができる。

コスト面としてはベランダに比べ安価に導入できること。

ベランダ

2階以上で屋根の付いた張り出し部分
使い方は基本的にはテラスと同じ使い道があります。

テラス・バルコニーと違い屋根があるのが最大の特徴で
屋根があるメリットとしては

・雨を避けることができる
・日差しを屋根が遮る為床の劣化が遅い
・庇を遮ってくれるため隣接する部屋に涼しい風だけ送れる

などがあげられます。

ベランダに洗濯物を干していると急な雨でも直ぐに濡れないというのが
最大のメリットといったところでしょうか。

コストとしては、テラス・バルコニーと比べ割高になります。
床を防水私用にしたり屋根が必要だったりと、何かとお金がかかります。
ただし、この費用は建物本体に含まれることがほとんどだと思うので
ベランダが高い!!!と感じることはあまりないかと思います。

バルコニー

ベランダの屋根が無いもの。

これは単純にベランダの屋根無いバージョンですね。
使い方も上2つと同じような使い道があります。

特徴的なところは、何度も言っているように屋根が無いこと。
屋根がない分ベランダに比べとても開放的な空間になるかと思われます。

屋上にルーフバルコニーを付ければv立地によっては展望台のような使い方もできるかもしれません。

そんなところでBBQとかしてみたいですねぇ~

コストとしてはベランダに比べると屋根が無い分お安くなっているかと思います。

どる家はどうしたのか?

どる家は当初テラスの導入を検討していました。
しかし、どる家では洗濯物は普通に外に干しに行く想定だったのでテラスはやめました。

そのかわり、庭で遊んでいるときに休憩する場所(座る場所)が欲しかったので
テラスではなく濡れ縁を付けました!

濡れ縁

こんな感じのやつ↓

一般的には60cm~90cmくらいの奥行の濡れ縁を付ける人が多いようですが、ドル家は55cmにしました。ただ座れるだけで良いのです。

家のコンセプトは和モダンですが、和の感じを強くしたくて濡れ縁+砂利をLDKの横に敷き詰める予定です。
予算があれば沓脱石を置きたかったのですが・・・今は断念しました;;

コスト的には

テラス(樹脂デッキ)6.5平米で約30万円強
濡れ縁(樹脂デッキ)(70cm×55cmと180cm)×55cmで20万円弱

ということで、嬉しいことに10万円ほどコスト削減もできました♪

また、軒の長さを90cmにしたので雨の日でも濡れ縁に座っても濡れません!(ただし小雨に限るw)

雨の日でも濡れ縁に座って外を眺めることができるのが楽しみです。

 

住友林業の家 建築ブログ紹介


住友林業で家を建てている・建てた方のブログがまとまっているので紹介します。
どるんちブログも⇓のサイトに登録してありますので、よかったらクリックしていただけると幸いです♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村