実際HMはどれくらい回るべき?

実際HMはどれくらい回るべき?

どうも、どるです。
住宅展示場って楽しいですよねー
大きな家だし、おしゃれだし、こんな家が建つんじゃないかと妄想します。

HMを決めるまではこんな妄想を繰り広げるべきです!
夢はでっかく!!!

と、いうことで
住宅展示場に行くと工務店などを含めると膨大な数のHMがありますが
皆さんはどれくらいHMをまわりましたか?

どるが考える住宅展示場の回り方とHM選定の方法を紹介します。

ネットで情報収集

どるはこれをしなくて後悔しました。
いきなり住宅展示場に行くのもアリですが、
前もって住宅展示場にどのHMが入っているか確認することが大切です。

理由はこちら

・大手HMでも出店していない住宅展示場もあります
・住宅展示場ではローコスト住宅から高級住宅までピンキリ
展示場のHMの坪単価を調べこの時点である程度HMを絞る

この3つ目がかなり大きいです。
今のところ住友林業にして後悔はもちろんありませんが、
いきなり住宅展示場に行って知っている大手HMから入っていくと必ず欲が出ます。。。
だって人間だもの(オイ

もし、事前にHMの情報や価格帯を調べていたら
もっと安い違うHMと契約していた”かも”しれない。

親戚・友人・ご近所に同じHMで建築した人がいないか探す

このタイミングでなくてもいいですが、
ほとんどのHMには紹介制度なるものが存在し
契約時、ないしは展示場訪問時に聞かれることがあります。

ここで、名前を出してあげると紹介してくれた人に特典があるだけでなく
紹介された側も契約時に値引きがあったりするものです。

どるは従妹が住友林業で家を建てていたので
紹介という形で特典を頂きました。

キャンペーン中だといつも以上に特別な特典があったりします。

具体的な話を進めるなら2社~3社がおすすめ

と、いうのも、
間取りを作っていただくということは、それに必要なヒアリングの打合せが必ず発生します。
そして、1度だけではなく何度も打合せすることによって間取りが固まってきます。

ということは?

ほぼ毎週どっかのHMと打合せという事態になるのです。
これがまた忙しい!!

どるは当初5社にお声がけしましたが、
打合せが忙しすぎて大した検討もせずに3社まで絞りました。
(これでも忙しかったですが・・・)

あと、これが一番重要ですね。

他HMでも話を進めていることをしっかりと各HMに伝えます
俗にいう競合ってやつですね。

値引きは基本的に契約までに約束されるものなので
このタイミングで競合相手の動きも細かく話すことで
いろんな値引きやおまけ、特別対応をしてくれます。

すべての見積もりが出てから判断

どるはこれができませんでいた;;
でも、いいんです!住友林業でいい家を建てるときめたから!

と言いつつも、本来は全ての見積もりを比較してからHMを決めるのが賢明

ただし、HMのあの手この手で契約を取りに来ます

どるの場合は、今日ここで決めてくれればこの金額で出します!!!
と言われサインしました(笑)

もちろん競合の話や具体的な金額感なども話しています。
なので、この値引きもかなり頑張ってくれて納得しました。
(もうちょっと粘って、もう少しおまけを付けてもらえばよかったなと今更思っていますがw)

住友林業だと10%値引きとかざらにあるので、
粘ったもん勝ち!もしくはキャンペーンをしょっちゅうやっているのでそれに乗っかるのも手です。

立てるつもりのないHMの展示場に入るのはアリ

具体的に話を進めているHM以外の展示場を回るのもありです。
それは、間取りの参考になるから!

意外と町の工務店って開放的で広い空間を推すところが多く
大手とはまた違った空間が体験できます。

で、そのエッセンスをマイホームにも取り入れたりすることもできるかと。

ただし、建てるつもりのないHMを回るときは以下のことに気を付けたほうが良いです。

展示場に入ると営業さんがついてくれますが、
既にHMは決めた」ということを伝えたほうが良いです。

これは実際まだ決めていなくても、はったりでも言っておくことが大事です。

なぜならば、
営業さんは家を自社で建ててもらいたくて説明してくれます。
なので、既にHMが決まったことがわかれば諦めます。

そのため興味のない工法や耐震性の説明などを受けなくて済みます(笑)

既にHMと契約してから感じたことはこんな感じです。
少しでも参考になれば幸いです♪

住友林業の家 建築ブログ紹介


住友林業で家を建てている・建てた方のブログがまとまっているので紹介します。
どるんちブログも⇓のサイトに登録してありますので、よかったらクリックしていただけると幸いです♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村